REPORT /

Snow cafeのこだわりぬいた”究極のシフォンケーキ”に密着!!

TUNING編集部

福井市にある古民家カフェ、Snow cafeさんのシフォンケーキは福井県に限らず、全国のスウィーツファンから大人気!

いま、そんな大人気のシフォンケーキをお得に味わうことができます!!

Snow cafeさんにて、ご注文時にクーポンを提示してアンケート用紙を受け取って頂き、意識調査にお答えしてもらうことでお会計金額より10パーセントOFF!となります。クーポンは記事最後にてご確認ください。それでは、改めて究極のシフォンケーキを密着!!

 

工学博士であるSnow cafe 代表の渡辺さんが研究を行い、試行錯誤を重ねて、今のシフォンケーキの柔らかさやふわふわ感、しっとり感を実現しています。

今回は、そんなSnow cafeさんのシフォンケーキに密着!シフォンケーキへの情熱やこだわりを詳しく聞いてみました。

Snow cafe 渡辺オーナー

渡辺さんは大阪府富田林市出身の47歳。高校卒業後福井大学工学部に進学、大学院に進み博士号を取得。工学博士で、ご自身いわく、現在は「フリーの研究者」です。今は、浄水場で飲み水に関しての研究をされているそうです。

-キッカケとは-

シフォンケーキを作ろうと思ったキッカケは、娘さんが大好きなケーキがどのようにできているのかを知らないことを知り、娘に作り方を教えてあげよう!と思ったことがキッカケ。そこで、生クリームが苦手な娘さんに生クリームを使わないケーキを作ろうと考え、辿り着いたのがシフォンケーキだったそうです。

その後は、自分自身の趣味となり友人への贈り物として焼いていましたが、一度失敗したことで博士としての研究者魂に火が点き、シフォンケーキを研究することに。

『このときに!ってときに失敗してしまうことはエンジニアとしては失格。信頼性と安定感が必ず必要!』と渡辺さん。

何度も何度も研究を重ね、雪の研究で使っていた方程式がシフォンケーキを焼くときの方程式と全く同じだということを発見したことで、安定して上手く焼き上げることができたそうです。

そんなシフォンケーキが焼き上げるまでにはまだまだこだわりがあるとのことで詳しく聞くことができました。

1.シフォン型は23cm一筋で焼いている

シフォンケーキ焼く方にはいろんな種類の型がありますが、Snow cafeさんでは一番右の直径23cmの大きな型で焼いています。17cm型を基準にすると容積比にして約2.8倍になります。型に焦げ付いた外殻部に対して、内部の柔らかいシフォン生地量を最も大きくできる点に特徴があります。

その一方で、加熱面積が相対的に小さくなることから、生地を均一に膨張させ難いという欠点もあるみたいです。また、焼き上がりの生地量は、加熱前の生地量の約2倍にも及び、この大きな膨張率も特筆すべき点です。この均質性と膨張率の高さが、絶妙な食感を生み出しています。

2.シフォンナイフ

越前の打刃物の伝統工芸士がひとつひとつ磨き上げたシフォンケーキ専用のナイフ。幾ら上手にメレンゲを点てることが出来ても、幾ら上手に焼き上げることが出来ても、シフォンケーキでは最後の「型から抜く」という作業を避けて通ることが出来ません。

型抜きの美しさに、Snowcafeさんはこだわりを持っています。その美しさがシフォン生地の食感にも大いに影響を及ぼすからです。美味しく召し上がって頂くために、「型抜き」という最大の課題をこのシフォンケーキナイフで解決することができたみたいです。

このナイフは、ご自宅でシフォンケーキをお作りになるお母様の為に製作されています。グリップのサイズは、成人女性の標準的な手のひらの大きさから決定し、何度も試作を重ねて使い心地を改善しました。

重さ、形状、バランス、握りやすさ等、全国のモニターからの意見を集約。このナイフで型抜きが出来るシフォンケーキ型のサイズは10cm~21cmまでで、内筒のカットも可能。このナイフは購入することもできます。より美味しいシフォンケーキを作りたいという方にはおすすめです。

3.食材や温度

シフォンケーキは、卵・小麦粉・砂糖・油・水・空気でできています。食材や生地を作るときの温度にも気を付けています。

卵:焼くときれいな黄色に発色するエグロワイヤルという卵を使用。
油:加熱しても香りが良い米油を使用。
温度:最初から最後まで生地の温度の変化を徹底して管理。

食材もそうですが、きれいな空気、水がある織田で作っているから美味しいシフォンケーキが焼くことができています。

4.オーブン

大きなシフォン型を均一に加熱するのはとても難しい。風向、風量、生地の水分の蒸発量をきちんと調節できるオーブンを使用しています。そんなオーブンはなかなか見つからず、九州にあると情報を聞き入れ探しに行き購入したそうです。

焼き上げてすぐに食べるのではなく少し1日2日冷ますとよりしっとり感が増し美味しくなるとのこと。Snow cafeさんもこれで終わりではなく、より美味しいシフォンケーキを提供できるように日々試行錯誤しているそうです。

Snow cafeさんのシフォンケーキが”究極のシフォンケーキ”と呼ばれる意味を理解できたように思います。

型から抜いて実際にシフォンケーキを割いているところを動画で撮ってみました!ご覧ください。

オーナー/ 渡辺さん

渡辺さん「Snow cafeのこだわりぬいたシフォンケーキをぜひ食べてみてください!」

まとめ

昭和8年にたてられた古民家を、大正後期をイメージしリノベーションし、2017年1月にオープンとなったSnow cafeさん。シフォンケーキはもちろんですが、自家焙煎の珈琲にいつまでも居たくなるような空間、どれも、細部まで拘られた一級品です。

そんなSnow cafeさんでは、

TUNING公式LINE@限定!期間限定のクーポンを発行しています!

Snow cafeさんにて、ご注文時にクーポンを提示してアンケート用紙を受け取って頂き、意識調査にお答えしてもらうことでお会計金額より10パーセントOFF!となります。

クーポン情報はこちらからLINE@への友達申請をお願いします!

店舗情報をチェック!

カフェ/福井市

Snow cafe